無料相談・来店予約

スタッフブログ

STAFF BLOG

ホーム

>

スタッフブログ一覧

2021/02/20

スタッフブログ

低気密・低断熱住宅では、アレルギーや喘息のリスクが高くなる
こんにちは、スタッフの小垣です。

まだまだ寒い日が続いていますが、梅が咲き始め微かに春を感じられるようになりましたね。


さて今回は「低気密・低断熱住宅では、アレルギーや喘息のリスクが高くなる」について、ご紹介したいと思います。


高性能な家では、アレルギーや喘息のリスクが下がるという研究結果があります。
こちらの図は、家を新築した方々24,000人に対するアンケート調査結果です。




建てた家の断熱性能のレベルが「低断熱」「省エネ基準レベル」「高断熱」と分かれており、高断熱とは東京や横浜などの温暖地で北海道仕様の断熱性能の家を建てた方々のことを指します。



一般的な注文住宅が中央の「省エネ基準レベル」、左は「低断熱」右は「高断熱」となっています。

アトピーやアレルギーや喘息が、高断熱の家に住み替えたところ症状が出なくなったという人が多くいるのが分かります。

グラフを見ると、省エネ基準レベルでは、アトピーやアレルギーや喘息を抑えるには性能が十分ではないということですね。

より高気密・高断熱の家にした方が、症状が出にくくなるということです。

では、どうしてなのかというと、医学的には立証されていませんが、一般的には「結露」との関係だと言われています。


結露が発生するとカビがはえる、カビはダニの餌になるため、カビ・ダニが増えます。そしてそれがアレルゲンとなり、アレルギーや喘息を引き起こしていると言われています。

高気密・高断熱住宅の場合、普通の暮らし方をしていれば結露が起きないので、カビ・ダニが少ないということのようです。

ここでいう結露には、大きく分けて2種類あります。

1つは冬に窓ガラスなどで目にする「表面結露」です。厄介なのがもう1つの「壁内結露」です。


 

黄色いラインが壁の断面で、ピンク色が冬の室内、グレーが冬の屋外を表しています。

気密をしっかりとっていないと、暖房で加湿した空気が壁の中に侵入してきます。

そこで外気で冷やされて、外壁材側の壁の中で結露が起きているということです。

これが壁内結露というものになります。

近年ではこの逆である、夏型結露も問題になっています。

夏に35度以上の日も多くなっていますし、特に日本の場合は高温多湿ですので、その空気が外壁側から壁に入ってきて、冷房をしている室内側で冷やされ、今度は室内側の壁の中で結露が生じてしまっています。

ですので、夏も冬も壁の中では結露が起こってしまっているということになります。

その結果、断熱材がカビだらけになっている、当然ダニが発生しています。



また、湿潤環境を好むシロアリも発生しやすくなります。

シロアリが発生すると、耐震性能や耐久性にも問題が出てきますので、そういった意味でも家が長持ちしにくくなります。

断熱と気密はセットで考える必要がある、ということです。

さらに、カビやダニがアルツハイマー病の原因になると言われています。

これは林先生のテレビでも紹介されていたようです。

結露が生じない家にすることが非常に大切だと、意識していただければと思います。


▼Instagram
https://www.instagram.com/house_consul/
画像なし

2021/02/07

スタッフブログ

高気密・高断熱住宅に住むと健康寿命が延びる?
こんにちは、スタッフの小垣です。

最近はセミナー実施に向けて、高橋が動き始めております。

皆さんには、ぜひご参加いただけますと幸いです。

さて、今では「ヒートショック」という言葉は、だいぶ知られてきたかと思いますが、家の中の室温差に起因して、心臓や脳に負担がかかることを言います。


1番多いのは、冬にお風呂に入る時です。
 
性能が低い家では脱衣室やお風呂が寒く、服を脱いだ際に鳥肌が立ち血圧がが急激に上がります。その状態で、熱いお湯にドボンとつかる、そうすると一気に血圧が下がります。

このように、血圧が急上昇したり下がったりすることが、心臓や脳にはかなり負担をかけていることになります。

こちらの厚生労働省のデータ「月別溺死者数(平成20年)」をご覧ください。


溺死とは、夏に海水浴場等で溺れて亡くなること、とイメージされる方が多いのではないでしょうか。
実は夏に溺死する方は少なく、圧倒的に冬に亡くなる方が多いことが分かります。

その場所というのが、家庭のお風呂なのです。
浴槽に浸かった状態で血圧が下がり、気を失ってしまい溺死してしまう、ということです。

こちらは、家庭の浴槽での溺死者数の推移を表しています。



日本の住宅の性能は、年々上がってきているため、溺死者数も減っているかと思っていましたが、そうでもないようです。

平成27年・28年とさらに増えており、これは高齢化が進んでいるのも大きな要因かとは思いますが、このような状況です。

消費者庁のプレスリリースでは、入浴中の急死者数は19,000人となっています。
2019年の交通事故死亡者数が3,200人程でしたので、6倍くらいに当たるのでしょうか。



家の外を歩くよりも、家の中のほうが遥かに危険ということなのです。

そして、さらにこの何倍もの方々が命を取り留めても、半身不随など健康寿命を縮めてしまっているということです。

ヒートショックは寒い地域の話と思われているのですが、実はそうではありません。


 
こういった温暖な地域で、むしろ発生率が高くなっています。

逆に北海道・青森などの寒い地域では、あまり起きていません。

これは高気密・高断熱住宅が普及しているため、家が暖かく室温差がないため、ヒートショックが発生していない、そういうことになります。

「脱衣室の温度が2度高くなると介護期間が4年短くなる」という調査結果があります。


 
また「断熱改修工事で室温が上がり、こたつが不要になった家では活動量が有意に増加」とあります。



こちらも高齢者の話ではありますが、健康寿命を伸ばすには有用かと思います。

さらに「1℃暖かい家の人の脳神経は2際若い」とのことです。


 
また「断熱改修後に起床時血圧が有意に低下」するとの結果も出ています。


 
「足元が寒い家では、さまざまな疾病・症状を有する人が有意に多い」



こちらからも、家の性能が悪いと色々な病気になりやすい、ということが分かります。

平均寿命と健康寿命の差についてですが、ご存知の通り、日本はとても平均寿命が長い国です。



ところが健康寿命については、他の国とあまり変わらないのです。

健康寿命を失ってから亡くなるまでの期間、あまり幸せではないシニアライフを送っている方々が非常に多い、こちらの方が他の国より顕著になっています。

どうして健康寿命を失っているか?


第2位の脳卒中についてですが、前出のヒートショックで、お風呂で倒れることによって、結果として半身不随になっている方々が、一定の割合いると思われます。

家の性能不足に起因して、健康寿命を失っている方々が、かなりの人数に上っているということになります。

これらのことから、断熱・気密性能を引き上げることが必要になります。

若い方々でも、老後の健康を考えると、充分な断熱・気密性能を確保することが大切だと思います。

また、ご両親の住まいについても、考えた方が良いと思います。

性能が低いままだと、早い段階で施設に入らないといけない、介護が必要になってしまうリスクが高くなってしまいます。

古い性能の低い住まいをどうしたら良いのか、ということですが、断熱フルリノベを行うことが理想です。でもそこまでしなくても、窓にインナーサッシを入れるだけで居住環境は劇的に変わります。



最近は、かなり安くて良いものが出てきています。

家じゅうの窓にインナーサッシを入れると、劇的に冬暖かく、夏涼しい住まいに変わります。

ぜひご家族で話し合ってみてください。


▼Instagram
https://www.instagram.com/house_consul/?hl=ja
画像なし

スタッフ紹介

名前:小垣

紹介文:
スタッフの小垣(こがき)と申します。大阪府出身です。
建築については勉強を始めたところで、学んだことを記事に出来ればと考えております。
よろしくお願いします。​​​​​​​

名前:鈴木

紹介文:
スタッフの鈴木です。東京都出身です。子供とペットにとっても、メリットの大きい高性能な住宅の魅力をお伝えしていきたいと思います。よろしくお願い致します。